印鑑証明書をとるには

本人の押印であることを公に証明するためには、印鑑証明書をとることがあります。
それはどんなときかというと、例えば、マンションなど不動産の購入や売却、年金を受け取る、公正証書を作成する、自動車を購入したり売買する、遺産相続、会社設立などがありますが、必ずしも必要とされるわけではなく、必要とされることが多い例です。
例をみてもわかるように、印鑑証明書を求められるのは、高額な取引の場合がほとんどです。
お互いの信用を担保するために、習慣として根付いている印鑑証明は、貴重な信用制度といえます。


さて、この印鑑証明書はどこで受け取ることができるのでしょうか。
印鑑証明書は、市町村役場で発行してもらいますが、そのためには印鑑登録が必要となります。
印鑑登録をすることで、その印鑑が本物であると証明することができます。
この印鑑登録をした印鑑は、実印といいます。
印鑑登録をしていない印鑑は、実印ではありません。
実印を登録することが印鑑登録です。


印鑑登録をする印鑑は、偽造されにくいように、少し複雑なものにすると良いです。
文具店や量販店に販売されているような大量生産のもので印鑑登録をすることは少し危険です。
偽造されやすいですからね。


実印は、印鑑証明書とセットで使用するので、両者の取り扱いには気をつけておきましょう。
印鑑登録は、15歳以上の人が一人につき1本だけ登録することができ、外国人でも外国人登録をしていれば登録することができます。



【推奨リンク】
銀行印や認印など様々な種類の印鑑を販売しているサイトです =≫ 印鑑 種類

Copyright © 2014 印鑑登録するには All Rights Reserved.